アトリエPEPEでの「香りのランチ」(提供は終了しました)

アトリエPEPEでは、ランチも「大切な香りのレッスン」。
なぜかというと、味の80パーセントは、嗅覚を通して味わうからです。
アトリエ主であるMAKIが「香りのアート」を始めたのも、
じつは料理好きが高じてのことだったといっても過言ではありません。
MAKIは石垣島に移る前、ヨーロッパ(オランダ)に10年住んでいました。
「香りのアート」の仕事の傍ら、
ベジタリアンの旦那様と息子のためにベジ料理を作り続けながら、
知識と経験を積んでいきました。
MAKIのベジ料理は、西洋の最先端のトレンドと、日本の伝統的な精進料理、そして
学生の頃に学んだマレー・インドネシア語の知識を生かした東南アジア料理や
インド料理などに基づいています。
暇があれば、西洋と東洋を織り交ぜたベジ料理本を出そうかと思っていたほど、
周囲にも評判の、ちょっとした「料理人」でした。
幸いアートの方が忙しく、その暇はありませんでしたが・・・
石垣島の太陽には、地中海料理が似合いますね。
南仏ニースでの調香師学校時代に学んだ
フランス系・イタリア系料理の手法を最大限に生かしつつ
石垣島の太陽の恵みをたくさん受けた自家製の野菜とハーブの豊かな香りを
みなさんにもぜひ味わっていただきたい。
そんな願いから、生まれた「香りのランチ」です。
(ランチをお出しするのは、4時間コースのみです←提供は終了しました