マーニー / Arenga Engleri

From Fragrant Ishigaki
From Fragrant Ishigaki
From Fragrant Ishigaki

(English follows)

マーニーと地元で呼ばれている花。

クロツグともいうそう。ヤシの一種。

軽く30m くらいはあたりに香りを飛ばす。

あまりに香りが強すぎて、地元の人は”頭痛くなる”とかで切ってしまうほど…

時期は、4月下旬から5月上旬。

フルーティ目の金木犀のような香りで、そのままで香水のよう。

フルーティで、フラワリーで、マスキー。

インドのkewraの花と香りが似ている。

wikipediaによると、
「八重山のものは本種に比べて花序の枝が細く、果実も小さいので、コミノクロツグと呼ばれている。石垣島、西表島と与那国島に知られる。」

花を摘んで来て、咲くまで一日置いて、満開になってから水蒸気蒸留した。

これで八重山オリジナルの香水を作れないだろうか。

—–

It’s called “Ma-Ni” in the local dialect.

The academic name is  Arenga Engleri. It’s a sort of palm tree.

The smell flies easily 30 meters.

It’s so strong that the local people cut the tree when it’s blooming.

The season is from the end of April to the beginning of May.

The smell is somewhat similar to Osmanthus, but more fruity.

Fruity, flowery, and musky.

It reminds me of kewra essence that I smelled in India.

I harvested them and distilled. Wondering if I could develop an original local fragrance purely from this flower….