源氏の女人の香り〜匂い袋の調香 ワークショップ

香りのアトリエPEPE (MAKI UEDA) による文化庁メディア芸術祭出張WS

「源氏の女人の香り〜匂い袋の調香」

世界最古の小説とされる源氏物語では
香りが繊細に描写されています。
香りは、季節そして人物の感情、特徴までをも描き出します。
香合わせでは、源氏の女人たちが、香りで競い合いました。
実際にその香りを再現してみました。
源氏物語をひもときながら、一つ一つ嗅ぎでいきましょう。
そして、好きな香りで、匂い袋を調香してみましょう。

(2017年9月にオランダで好評を博したワークショップを日本語化したものです)

OKMZ-7159

日時:12/9(土) 15:00-17:00

場所:石垣市民会館「文化庁メディア芸術祭石垣島展」特設会場

参加費:
大人一般:2,500円、中高生:1,500円、香りの学校会員様:2,000円

お支払いにてご予約確定となります。先着順15名様限定。(当日はわたし一人で切り盛りするため、会計の混乱を避けるため、前払いとさせていただきます。どうぞよろしくおねがい致します。)paypal経由のクレジットカード支払い可能。銀行振込をご希望の方は、ご連絡ください。

*欠席の際の返金は致しかねますので予めご了承ください。




大人一般(2,500円)の方は上↑をクリックしてください




中高生(1,500円)の方は上↑をクリックしてください




香りの学校会員(2,000円)の方は上↑をクリックしてください



OKMZ-7166
OKMZ-7196
OKMZ-7200
OKMZ-7209
OKMZ-7227
OKMZ-7234
OKMZ-7241

嗅覚は、視覚・聴覚と違って芸術活動の対象になることが少ない中、最近は欧米で「嗅覚芸術」が盛んになってきました。

稀なことに日本人は古来より、独自に香りの芸術を発展させてきました。現代には香道という形で伝わっており、その原型ともいえる「香合わせ」が源氏物語32章「梅枝」に描かれています。この感性を世界に紹介したいと考えました。その結集が「源氏の女人の香り~匂い袋の調香~ ワークショップ」です。(オランダにて2017年9月にプレミア)

源氏の女人たち(紫の上、朝顔の宮、花散里、明石の君)が調合した香りを、実際に再現してみました。ワークショップではそれらを嗅ぎながら、彼女たちの人柄、人物像などを想像してみます。

その後、自分の好きな香りで「マイ匂い袋」を作ります。じぶんの人となりは、香りにどう立ち現れるでしょうか。またその香りによって、どのような人物像が描かれてゆくのでしょうか。

[EN] The Smell of the Tale of Genji – Workshop by UEDA Maki Duration: 90 minutes′ In the classic literary work Tale of Genji, credited as the world’s first modern novel, home fragrances (or soradakimono) play a big role. They are used as metaphors for the seasons, characters or emotions. During this workshop you will first learn about the scents described in the story, after which you will get to make them yourself, using traditional materials. The result is a “fragrant sachet” that you can use as a home fragrance.

 

[NL] In de klassieke roman Tale of Genji, vaak geroemd als ‘s werelds eerste moderne roman, spelen huisparfums (soradokimono) een grote rol. Ze worden gebruikt als metaforen voor seizoenen, personages en emoties. In deze workshop leer je eerst alles over de geuren in het verhaal, waarna je de kans krijgt ze zelf te maken, met traditionele materialen. Je keert naar huis met een ‘geurzakje’, meteen te gebruiken om je woonkamer een heerlijke geur te geven.