香りソムリエ/入門編「おうちでできる」オンラインワークショップ VOL.2:空蟬香 〜香りを聞く〜 

香りソムリエ™️・スクール開校記念オンラインワークショップ第二弾では、香道を学びます。「源氏物語」をモチーフにした組香、「空蟬香(うつせみこう)」をおうちで体験できるようにアレンジしました。(「組香」とは、香道において香りを当てる遊びのゲーム形式のようなもの。千種類以上が現代に伝わるとされています。)

お手元に、10本のフレグランス(各0.5ml)、そしてムエットをお届けします。お届けする香りは、実際の香席で嗅げるような「沈香」や「伽羅」のような香木系ウッディな香り(私が調香しています)。ワークショップ使用後は、フレグランスとしてお使いいただくも自由です。

DATE

2/3(水)23:59 申し込み締め切り 満席御礼(1/30)
2/17(水)20:00-21:00 ワークショップ本番

*離島からの香水発送は船便となり、輸送に時間がかかりますため、お時間をいただきます。

TICKET

  • お支払いはPaypalにて(クレジットカード 可)
  • PayPalでお申し込み時にかならず住所をご記載ください。
  • Zoomリンクは、Paypalでお申し込みいただいたメールアドレス宛に、ワークショップ前日23:59までにをお送りします。(pepeandmaki@gmail.comからのメールを受け取れるように設定しておいてください)
  • 返金はいたしかねます。あらかじめご了承ください。リアルタイムで参加できなかった場合でも3日間は録画を見られるようにいたします。
  • 同内容のワークショップは今のところ再度開催予定はないので、ご興味ある方はこの機会にぜひ。
  • 顔出しNGの方はミュートにてご参加いただけます。
  • パートナーとのご参加も可能です。男性でもお気軽にお申し込みください。
  • 準備の都合、お申し込みが10名さまに達した時に受付を打ち切らさせていただきます。

注意点:

PRICE: 
10本ひと組のサンプルフレグランス、ムエット、送料込、税込

一般:6,000 満席御礼(1/30)

香りソムリエ会員(通信教育フレグランスアート)の方はこちら↓から

割引価格:5,000円 満席御礼(1/30)

STORY

「空蟬香」ではいわゆる源氏の夜這いのシーンをイマジネーションで楽しみます。

闇の中、忍び寄ってくる源氏の気配を香りで感じて、蝉の抜け殻のような一枚の衣を残して寝床を逃げ去った空蝉。なびかない女人はいなかったであろう、最高に魅力的な美男子相手に、、、、。

実は、現代で言えば、いわゆる身分違いの「ダブル不倫の恋」。盛り上がる要素しかありません(笑)なのであえて聡明な空蟬は身を引いたのかもしれません。義理の娘「軒端荻(のきばのおぎ)」を思いやり、半ば彼女を差し出すような形になりました。してやられたと苦虫を噛み潰したような思いで、華やかで肉感的な軒端荻を抱きながらも、空蝉を想う源氏。

冷たい仕打ちをする空蝉への執着は増すばかりで、せめてもの手綱にと、弟の子君を手元に置くほどです。さらには空蝉の夫が亡くなるや否や、尼になった空蝉を自分の豪邸に引き取り、生涯面倒を見るほどの執着と愛情ぶりです。

このセッションでは、伝統的な組香「空蝉香」をフレグランスで紐解きます。源氏の夜這い、そして男と女の駆け引きを、香りで想像(妄想?笑)してゆきます。みなさんの中にも、あらゆる感情が消えては現れるかもしれませんが、それは自己責任で。

レファレンス

ワークショップの前に「空蟬」に関するストーリー復習してみましょう。主だった登場は「帚木(ははきぎ)」「空蝉」「関屋」の三巻のみ。

古典が好きな方は、古語から丁寧に漫画付きで解説してくれているこちらのサイトで。原文のニュアンスも説明してくれるので、深く入り込むことができます。
https://ameblo.jp/aiaia18/entry-12176676163.html

手短にという方は、ウィキペディアで。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A9%BA%E8%9D%89_(%E6%BA%90%E6%B0%8F%E7%89%A9%E8%AA%9E)

小説のように読みたいという方はこちら。
http://www.genji-monogatari.net/

「箒木」と「空蝉」の章は読んでおきましょう。

漫画「あさきゆめみし」もいいですね。

参考図書:香道の作法と組香 蜂谷宗由監修