源氏の女人の香り〜匂い袋の調香 ワークショップ

香りのアトリエPEPE (MAKI UEDA) による文化庁メディア芸術祭出張WS

「源氏の女人の香り〜匂い袋の調香」

世界最古の小説とされる源氏物語では
香りが繊細に描写されています。
香りは、季節そして人物の感情、特徴までをも描き出します。
香合わせでは、源氏の女人たちが、香りで競い合いました。
実際にその香りを再現してみました。
源氏物語をひもときながら、一つ一つ嗅ぎでいきましょう。
そして、好きな香りで、匂い袋を調香してみましょう。

(2017年9月にオランダで好評を博したワークショップを日本語化したものです)

OKMZ-7159

日時:12/9(土) 15:00-17:00

場所:石垣市民会館「文化庁メディア芸術祭石垣島展」特設会場

参加費:
大人一般:2,500円、中高生:1,500円、香りの学校会員様:2,000円

お支払いにてご予約確定となります。先着順15名様限定。(当日はわたし一人で切り盛りするため、会計の混乱を避けるため、前払いとさせていただきます。どうぞよろしくおねがい致します。)paypal経由のクレジットカード支払い可能。銀行振込をご希望の方は、ご連絡ください。

*欠席の際の返金は致しかねますので予めご了承ください。




大人一般(2,500円)の方は上↑をクリックしてください




中高生(1,500円)の方は上↑をクリックしてください




香りの学校会員(2,000円)の方は上↑をクリックしてください



OKMZ-7166
OKMZ-7196
OKMZ-7200
OKMZ-7209
OKMZ-7227
OKMZ-7234
OKMZ-7241

嗅覚は、視覚・聴覚と違って芸術活動の対象になることが少ない中、最近は欧米で「嗅覚芸術」が盛んになってきました。

稀なことに日本人は古来より、独自に香りの芸術を発展させてきました。現代には香道という形で伝わっており、その原型ともいえる「香合わせ」が源氏物語32章「梅枝」に描かれています。この感性を世界に紹介したいと考えました。その結集が「源氏の女人の香り~匂い袋の調香~ ワークショップ」です。(オランダにて2017年9月にプレミア)

源氏の女人たち(紫の上、朝顔の宮、花散里、明石の君)が調合した香りを、実際に再現してみました。ワークショップではそれらを嗅ぎながら、彼女たちの人柄、人物像などを想像してみます。

その後、自分の好きな香りで「マイ匂い袋」を作ります。じぶんの人となりは、香りにどう立ち現れるでしょうか。またその香りによって、どのような人物像が描かれてゆくのでしょうか。

[EN] The Smell of the Tale of Genji – Workshop by UEDA Maki Duration: 90 minutes′ In the classic literary work Tale of Genji, credited as the world’s first modern novel, home fragrances (or soradakimono) play a big role. They are used as metaphors for the seasons, characters or emotions. During this workshop you will first learn about the scents described in the story, after which you will get to make them yourself, using traditional materials. The result is a “fragrant sachet” that you can use as a home fragrance.

 

[NL] In de klassieke roman Tale of Genji, vaak geroemd als ‘s werelds eerste moderne roman, spelen huisparfums (soradokimono) een grote rol. Ze worden gebruikt als metaforen voor seizoenen, personages en emoties. In deze workshop leer je eerst alles over de geuren in het verhaal, waarna je de kans krijgt ze zelf te maken, met traditionele materialen. Je keert naar huis met een ‘geurzakje’, meteen te gebruiken om je woonkamer een heerlijke geur te geven.

嗅覚アートのサミットに参加します(ベルリン/ドイツ)

来る5月5日、ベルリンで行われる嗅覚アートのサミットに参加します。

http://www.artandolfactionawards.org/summit/

去年賞をいただいたアワードセレモニーの一環です。

スペシャリスト達が集うこの場に、スピーチの一席を設けるので

来ませんかというオファーがあり、

そのオーガナイザーが私の教え子のひとりだったりするので、

ん〜これは行かなきゃなあ〜!という気分になりました。

とはいえ、ベルリンは遠いです。

石垣から行くには、乗り継ぎの都合で、丸2日かかります。

1週間の旅ですが、ベルリン泊はたったの3泊。。。

まさにマイル稼ぎの修行の旅といった感じですが、

5月7日は××歳の誕生日!

3ヶ月住んだことがあるお気に入りの街・ベルリンへの旅は、

じぶんへのプレゼントということにいたしましょう。

 

 

 

A & O アワード2016ファイナリストに選ばれました

A & O アワード2016ファイナリストに選ばれました。もう1年くらい前のニュースになります。すみません…。賞とかアワードとか、あまり興味がないのかな…でもアトリエPEPEのためにもなるかと思いまして、今更ですが、ここでご報告させていただきます。LAで2年くらい前に始まった、世界的な嗅覚アートのアワードです。

「戦争の匂い」というテーマの展覧会のために制作した、広島と長崎の焼け野原をシミュレーションした匂いを作成した作品が受賞しました。メイド・イン・石垣の作品です。詳しくは以下の記事まで。

沖縄タイムス
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/57611 

八重山日報 17/5/10

八重山毎日新聞 17/5/10

余談ですが、ナマ市長かっこよかったです (*^^*) 俳優さんみたい。。。そんな市長が率いるこの石垣市に、ますます貢献させていただく所存ですので、どうぞよろしくお願い致します!

「石垣島の素材でお香作り」ワークショップ @ 東京

[緊急告知]
東京デザインウィークの地方創世コーナー石垣島ブースにて、アトリエPEPEがワークショップやることになりました。
「石垣島の素材でお香作り」
石垣島の香りをお届けします。参加無料。
10/31(土)15:00〜、17:00〜
所要時間:1時間
香る島、石垣島の自然素材を使ってお香(インセンス)を作るワークショップです。今回は、「琉球松」を素材として使います。島人には昔から松明(たいまつ)として利用されてました。作ったお香はお持ち帰りいただけます。また、アトリエPEPEがこれまでに制作した、ゲットウやレモングラスなども使ったお香も同時にご紹介いたします。
対象年齢:中学生以上
人数:1回につき10人まで(おそらく現地での予約制になると思います)
アトリエPEPEいよいよ石垣島代表で東京に派遣させていただくことに。とっても嬉しいですね♪ がんばってきますー

みかんの香りの抽出

 

和歌山みかん8種の詰め合わせが届きました。
和歌山の原農園では、およそ30種のみかんを栽培しているとか。
「それぞれの香りや味が違うんですよ。香りで何かできないかな。」と大学時代の友人。
「ちょろっと、抽出してみよっか?」とわたし。
そんな感じのノリで、やりました、8種みかんの香りの抽出。
みかんの精油抽出方法は、様々な方法がありますが、
産業用のプレス機とか持ってないんですね(小さいの持ってたんだけど、壊れてて)
なので、台所的に試行錯誤。
けっこう原始的な方法に辿り着きました。
プロセスしてから約10日間経過。
まさに、1種1種の香りが違うことがわかります。
今週末に、原農園関連の講義が 伊勢丹Cocoiku であるとのことでしたので、
何かの参考になれば、と、途中経過のものを友人に発送しました。
あ、みかん、どれもこれも美味しかったです。。。
 
〜私の香りmemoです〜
黄金柑
皮:レモングラスのような香り
実:蜂蜜レモン
三宝柑
皮:さわやか
春峰
皮:ネロリっぽい
レモン:青々しい
ポンカン:
甘夏:
伊予かん:
はっさく:青い