TROPICAL RAINFOREST BIOME 展 vol.1

Tropical Rainforest Biome 展 vol.1 石垣市民会館/シマノバにて開催中です。 石垣島の生態を嗅覚で探る旅。 3/31まで。 Vol.2は4月後半の予定です。

写真&展示プラン: ©︎akikoshintsubo

注:私自身は在廊しておりません。あらかじめご了承ください。

 

 

TROPICAL RAINFOREST BIOME VOL.1

トロピカル・レインフォレスト・バイオーム vol.1

◼︎作品について

5年かけてコレクションした島の香りたちです。独自の方法で素材から香りを抽出しています。瓶の蓋をあけて、ブラインド・スメリングしてください。島の香りは、島の自然界の代謝の産物。島独自のアロマ・スケープを嗅覚で体験してください。

◼︎楽しみ方

  1. ビギナー編:香りを当てっこしてください。答えは「解答・解説」を参照。
  1. 上級者編:解答を見ずに、島の香りを、嗅覚で体感してください。そして、共通点を見つけてください。特徴として、スーッとする香りや、むわっとした花の香りが挙げられると思います。

◼︎体験する際の注意

  • 香りアレルギーのある方は体験をご遠慮ください。
  • 10歳以下の子供は、大人の付き添いのもと鑑賞してください。かならず大人が瓶の蓋を開け閉めしてください。

◼︎匂いの解答・解説

  1. クスノキ

クスノキを蒸留して得られる白い結晶を、樟脳(しょうのう)といいます。むかしの日本では、樟脳を虫除けとして箪笥に入れていたそうです。なので、この匂いを、おばあちゃんちの匂い、着物の匂い、などと思われる方も多いのでは。私に石垣島の自然を教えてくれる人が、クスノキの木を切ったとのことで、そのおが屑を蒸留して抽出しました。

  1. 月桃の花

月桃は土地の言葉でサンニンと呼ばれています。月桃の葉を蒸留した月桃ハーブ水は市場に流通しているので、月桃の花から香りを抽出してみました。葉のようなスーッとした香りもありつつ、花らしいスパイシーで甘い香りもあります。

  1. マーニー(クロツグ)

私の住む桴海於茂登の森から漂うこの香りが、初夏と梅雨の訪れを告げてくれます。クロツグはヤシの一種で、土地の言葉でマーニーと呼ばれています。そのオレンジの花から香りを抽出しています(2015年のものなので、やや熟成しすぎています)。花からは強烈な芳香がしますが、抽出するとそれも和らぎ、パフュームとして使うにはちょうどよくなります。アトリエで提供している香水作りワークショップでは、この香りも素材のひとつとして提供しています。

  1. 山梔子(クチナシ)

近所のお宅の庭に咲くクチナシをいただき、抽出しました。

  1. サガリバナ

初めてこの花を嗅いだのは約8年前、観光客としてキャンプに来ていた頃、ラジオで平久保サガリバナ群生地のことを聞き、息子を連れて観に行きました。まだその頃はあまり有名ではなかったのですが、香り好きな方達が手弁当で庭園として公開していたのです。そのような場が存在することに、「香りの島・石垣島」としての可能性を感じました。サガリバナは落ちても香りを放つので、それらを抽出に使いました。

  1. 睡蓮(スイレン)

石垣島にはモネの絵のような睡蓮の池があちらこちらにあります。開花時の可憐な匂いはなかなかうまく抽出できないので、また今年も別な手法で試してみようと思います。

  1. 琉球松(リュウキュウマツ)

琉球松のおが屑を、とまい工房さんよりいただき、抽出しました。昔は樹脂分の多い枝や幹をそのまま松明(たいまつ)として利用していたそうです。場が照らされるだけでなく、辺りがこの香りで満たされるのだから、粋な演出ですね。

  1. ベチバー  

赤土流出防止の目的で、月桃と並んでグリーンベルトに使われるベチバー。ベチバーはもともと香料として有名で、市場にはインド産がよく流通しています。石垣島のベチバーはどうだろうかとの好奇心で採取したものの、まだ抽出は試みてません。素材そのままの香りは、インド産と比べると甘さ控えめでドライな印象。赤土の香りも混ざり、とても深みのある香りを放ちます。

◼︎作品解説:「バイオーム」とは

タイトルにある「バイオーム」とは、生物群系のことです。ある気候条件の地域で、それぞれの条件下での安定した極相の状態になっている動植物の集まりを指します。熱帯雨林には熱帯雨林の、石垣島には石垣島のバイオームがあり、それを嗅覚で感じてもらえたらと考えました。

これらの香りには、植物たちが高温多湿な島の気候に適応し、サバイブしてきた結果が表れています。抽出により香りをマテリアルから切り離し、抽象化することで、より香りをニュートラルに捉えられるようにしています。(MAKI UEDA)

◼︎ MAKI UEDA (嗅覚のアーティスト)

東京生まれ。2000年よりオランダ在住。2000年文化庁派遣若手芸術家として、2007年ポーラ財団派遣若手芸術家として、オランダ&ベルギーに滞在。2014年より石垣島在住。

2005年以来、嗅覚とアートの融合を試み、匂いを素材として作品を制作・発表する。欧米で流行中の嗅覚アート界の先駆者的アーティストのひとりとして、オランダ王立美術学校の学部間学科ArtScience非常勤講師として教鞭をとる他、ヨーロッパを中心に世界各地で展示やワークショップを行う。

2009年ワールド・テクノロジー・アワード・ファイナリスト(NY)、2016年、2018年、アート・アンド・オルファクション・アワード・ファイナリスト(LA)。

石垣島では嗅覚教育と嗅覚のツーリズムに取り組む。

アトリエPEPE www.pepe.okinawa

ポートフォリオ:www.ueda.nl

写真は、作家が日々素材と遊んでいる模様です。(うちいくつかは実際に抽出に使われています)

   

 

 

 

9〜11月の予定です。

9月、アトリエPEP石垣島はオンラインで(FBグループで)サロンを始めました。Synapseで提供していたものを移行、リニューアル。本格的に嗅覚アートや調香を学べる通信教育コースから、気軽に匂いと香りに触れることのできるサロンまで。すでに何人か調香コースを本格的に始められました。

http://pepe.okinawa/onlinesalone/

9月後半、オランダの美大、Art Science Interfaculty of Royal Academy of Art, The Hague にて2週間48時間にわたる集中授業をやります。嗅覚とアートについて。
http://smellart.blogspot.com

9月21日、mediamatic の嗅覚イベント odorama 参加予定。

9月23日(土)、ロッテルダムのカメラジャパン映画祭にて源氏物語を匂いで体験するワークショップをやります。
https://camerajapan.nl/event/the-smell-of-the-tale-of-genji/

10月12日(木)、母校である慶応大学SFCにて授業をやります。

10月発売の、フランス発の嗅覚マガジンNEZに私の作品がレビューされるそうです。

10月末、ホームベースである石垣島にて初のメディア芸術祭が開かれますので、地元民として新作をコントリビュートしたいなーと思ってます。

11月、たぶん17日、東京のデジタルクリエイティブイベント KYO-SHITSU http://kyo-shitsu.net/ にてプレゼンテーション予定です。渋谷wombにて。

インターン募集中(シェア歓迎)

アトリエPEPE(石垣島)では随時インターンを受けいれています。

いま、大学で、嗅覚の勉強ができるところは、ほとんどありません(日本に限らず)。そのためPEPEではこれまで2人の学生さんからの要望により、インターン研修のホストをしてきました。

私自身はオランダの美術大学に2年に1度赴き、嗅覚アートの授業(1コマ分)を担当していますので、研修内容もヨーロッパの美大の授業に相当するものになっております。インターン研修の問い合わせは世界中からも来ます(言葉の都合、お断りすることも多いのですが)

将来何らかの香り関係の仕事をしたい方、そのための基礎的な知識や経験が欲しい方。石垣島という天然の香りの宝庫で、PEPEにある豊富な香料素材に触れ、嗅覚のトレーニングをすることができます。

内容

  • PEPEで日々の仕事の手伝いをしていただきます。清掃などの雑用も含まれます。
  • PEPEに調香体験にいらっしゃるお客様のおもてなし。
  • お客様の調合のお手伝い。
  • 香料等備品の整理(香料は天然・合成あわせて200種以上、香木は100種以上、化粧品やキャンドル作りの素材等幅広く揃えています)
  • 頻繁にある石垣島のフェスティバルやイベントへの出店(主にこどもむけWS)の企画立案、実施。嗅覚教育のコンテンツ作り。
  • 蒸留のお手伝い。(PEPEでは日常的に、身近な自然の花や葉っぱを摘んで、蒸留抽出したり、加工したりする実験をしています。)
  • これまで市場になかったものを身近な日常から発掘し、いかにグローバルな付加価値をつけることができるか、ブレーンストーミング。アイディア勝負ですので、グローバルな視野を持つ方であれば、バックグラウンド問わず挑戦できます。嗅覚の能力も問いません。
  • 参考:過去の研修生のブログ記事http://pepe.okinawa/tsundamiレポート/

条件:

  • 期間:随時募集、できれば3ヶ月〜(2ヶ月の場合は応相談) その後期間を延長・更新
  • 男女不問(虫が苦手な方は向きません)
  • 年齢不問
  • 経験不問(アロマなどの何らかの香り関係の経験、アート関係の経験、あるいはwebデザインやSNSなど情報系の知識経験がある方を優先させていただきます)
  • 時間:基本は10:00-17:00ですが、応相談(夜のバイトかけもち可。石垣島には飲食店も多く、常に人手不足状態です。)不定休。
  • 研修ですので、労働対価としてのお給料は出せません。そのかわり授業料は無料です。研修内容の希望はお聞きしますが、アトリエ業務優先ですので、すべての希望が叶うわけではないことご了承ください。
  • 滞在先と交通手段はご自分でご用意ください。石垣島にはシェアハウス、長期滞在ゲストハウスなど豊富にあります(いくつか紹介など可能)アトリエの場所柄、レンタバイクも必須です。石垣島や那覇にはLCCも豊富に飛んでいます。

応募方法

まずは当サイトのフォームを使って連絡してください。インターン募集枠があれば、以下のものを提出していただきます。

Spring Trippin’ Fes レポート

タイトルはSpring Trippin’ Fes レポートになっていますが…

なにを隠そう、これを書いているのはMaki Uedaではございません!

ここで僭越ながら自己紹介をさせていただきます。
2ヶ月前に東京からやってきた研修生の 越智庸子 (おち ようこ)です。

大学を卒業した昨年の10月、
嗅覚について勉強したくて大学院進学を検討していましたが、
目星をつけていた研究室は現在嗅覚については研究しておらず、
他も名だたる大学の理系ばかり…
私に行き場ないのか?と途方にくれていた時です。

あのMakiさんが関東に帰ってきているではありませんか!

「いまこそ会わなければ…」

という心の声に突き動かされ、ダメ元でメールとFBでラブコールを送り、
すぐに快諾のお返事とともに予定が決まり、お会いすることに!

そしてお会いして一時間後には

Makiさん「インターンしに石垣くる?」
私「よろしくお願いします!」

すぐに決定。そこから石垣島移住計画がスタートし、
12月には引っ越して石垣にて一人暮らしを開始していました。笑

これから2年間はMakiさんのもと、香りの島 石垣にて研修生活を送ります。
魔法使いの弟子、といったところでしょうか?
Atelier PEPEにて見習いをしてますので、皆様よろしくお願いします。

さて先日早速、石垣市主催「TsunDAMI Spring Trippin ISHIGAKI」にて、
香るランタンを作るWS(小学生以下対象)を任せていただきました。

「キャンディーのように香るフローティングキャンドルを
牛乳パックのランタンのなかに浮かべる」という内容のWSでした。

キャンドルど素人の私でしたが、二週間ほどでキャンドル職人になるべく
日々キャンドルと格闘していました。

パラフィンってあんなにこびりつくんですね。
かなり悲惨な状況のアトリエはお見せしないとして…

当日の綺麗な写真だけお見せします。

キャンディーのようなカラフルなキャンドルのブロックが7種。

みんな真剣に見て、嗅いで、触って、選んでました。

準備中は余裕の表情でしたが、WSではてんてこ舞い笑

暗闇ではこんな綺麗に輝きます!

片付け後は師匠とライブを堪能。
ちなみに私はあまりにも余裕がなく撮ることを忘れていたため、
全てPhoto by Makiさんです。

 

石垣の地元の方は本当に優しくて、不慣れな私を気長に待ってくださいます。
WSのサポートまでしてくださるお母様たちまでいて(資材の仕込みまで!)
このWSで島の方の優しさに触れ、石垣島の良さを垣間見れました。

当初は「私たちのキャンドルで会場を照らすぞ!」と意気込んでいたのですが、
残念ながら、強風に煽られて役割はあまり果たせず…

それでも子供たちが満足げにキャンドルを持ち帰っくれたので、
初めてのWSにしては上々でした。

素晴らしい機会をくださった市役所の方々、Makiさん、
ご協力いただいたマリヤ乳業の方々に感謝です。

これからも時々レポートを上げていきますので、お付き合いください。

研修生 庸子

reasonable flights to Ishigaki Isl, Okinawa

From outside of Japan:

You are lucky!  You can add domestic flights to your international flight with relatively low cost, about 10,000 to 13,000 yen per flight, anywhere from Japan to Ishigaki Airport.  This is already a reason to come to Ishigaki. You fly 3.5 hour from Tokyo and you only pay this ! 🙂

JAL Yokoso Japan fare
https://www.jal.co.jp/yokosojapan/

* You can book the flights at the local JAL, JALPAK, or JTB office. I often order at JTB Amsterdam.

ANA Experience Japan Fare
https://www.ana.co.jp/wws/es/e/wws_common/promotions/share/experience_jp/

Please note the blackout dates.

If you can’t still find the flights, here are still some LCC options.

From Tokyo: find flights via Osaka(KIX), or Okinawa (OKA)

Tokyo(TYO)-Osaka(KIX)-Ishigaki(ISG) : Peach Aviation

Tokyo(TYO)-Okinawa(OKA): Jetstar, Vanilla Air, Skymark

Okinawa(OKA)-Ishigaki(ISG): JAL, ANA, Solaseed Air

From Osaka: Peach Aviation flies direct to Ishigaki daily

 

Nowadays there are some direct international flights to Ishigaki Isl!

From Hong Kong: Hong Kong Express, daily

From Taiwan: China Airlines, three times a week