「石垣島の素材でお香作り」ワークショップ @ 東京

[緊急告知]
東京デザインウィークの地方創世コーナー石垣島ブースにて、アトリエPEPEがワークショップやることになりました。
「石垣島の素材でお香作り」
石垣島の香りをお届けします。参加無料。
10/31(土)15:00〜、17:00〜
所要時間:1時間
香る島、石垣島の自然素材を使ってお香(インセンス)を作るワークショップです。今回は、「琉球松」を素材として使います。島人には昔から松明(たいまつ)として利用されてました。作ったお香はお持ち帰りいただけます。また、アトリエPEPEがこれまでに制作した、ゲットウやレモングラスなども使ったお香も同時にご紹介いたします。
対象年齢:中学生以上
人数:1回につき10人まで(おそらく現地での予約制になると思います)
アトリエPEPEいよいよ石垣島代表で東京に派遣させていただくことに。とっても嬉しいですね♪ がんばってきますー

みかんの香りの抽出

 

和歌山みかん8種の詰め合わせが届きました。
和歌山の原農園では、およそ30種のみかんを栽培しているとか。
「それぞれの香りや味が違うんですよ。香りで何かできないかな。」と大学時代の友人。
「ちょろっと、抽出してみよっか?」とわたし。
そんな感じのノリで、やりました、8種みかんの香りの抽出。
みかんの精油抽出方法は、様々な方法がありますが、
産業用のプレス機とか持ってないんですね(小さいの持ってたんだけど、壊れてて)
なので、台所的に試行錯誤。
けっこう原始的な方法に辿り着きました。
プロセスしてから約10日間経過。
まさに、1種1種の香りが違うことがわかります。
今週末に、原農園関連の講義が 伊勢丹Cocoiku であるとのことでしたので、
何かの参考になれば、と、途中経過のものを友人に発送しました。
あ、みかん、どれもこれも美味しかったです。。。
 
〜私の香りmemoです〜
黄金柑
皮:レモングラスのような香り
実:蜂蜜レモン
三宝柑
皮:さわやか
春峰
皮:ネロリっぽい
レモン:青々しい
ポンカン:
甘夏:
伊予かん:
はっさく:青い