諏訪綾子さん(food creation) 来島 / food artist Ayako Suwa’s visit

東京より、food creation の諏訪綾子さんがいらしてくださいました。日本でだけでなく、世界的にも有名なフード・アーティスト。ずっとその世界観に憧れていたので、今回ゆっくりお話しでき、とても嬉しいです。とても優雅で美しく、かつ優しい笑顔、思わず見惚れました…。石垣島在住のはっちゃんこと、入口初美さんも一緒にパチリ。アルケミスト魔女の会でした。

Together with a renown food artist Ayako Suwa, and Ishigaki’s famous herb alchemist Hatsumi Iriguchi.

 

 

 

月桃を蒸留してハーブウォーター作り体験 / Distillation Workshop

「いわゆるアロマの精油って、こんな風に作られているのか!」
発見とインスピレーションいっぱいの、グループに最適なコースです。

Photo 5-15-16, 10 25 48  Photo 5-15-16, 11 08 24

アトリエの庭から月桃を収穫し、千切りにし、蒸留して、「芳香蒸留水」を作るコースです。できあがりの蒸留水(約100ml)は、ルームスプレー、あるいは化粧水としてお使いいただけます。(当方で人数分にお分けいたします)

Photo 5-15-16, 11 44 34

リクエストに応じてヨモギ、お茶などの葉っぱの蒸留もいたします。

PEPEならではちょっと変わった石垣体験、ご家族でいかがですか?

所要時間:2時間 

価格:1グループ32,400円(税込、5名様までのお値段。6名様以上の場合、お一人様につき5,000円の追加。最高8人まで。)

We will pick and distill local herbs as Gettou (Shell Ginger) Leaves and Yomogi (Aretemisia) Leaves, and make herbal water.  This workshop offers findings and inspirations, and therefore suitable for educational purposes.  (These photos are from distillation of Chinese Tea.  Please ask me for the contents you wish.)

The herbal water (100ml) could be used as room sprays and cosmetic water.

Time needed: 2 hours

Price: 32,400 yen per group (incl. 8%tax, up to 5 persons.  From the 6th person  the charge is 5,000 yen per person.  Max. 8 persons.)

 

 

 

茴香のヒラヤーチー {Pancake with Fennel}

[English text below]

ヒラヤーチーは、沖縄版お好み焼き。

                        blogger-image-1661810310
とある行事で余った茴香(ウイキョウ、フェンネル)をいただき、作ってみました。
ほんのり甘い香りが玉子の味に合います。

オススメは、ポン酢かな。

ここ石垣島のいたるところに生えているハーブです。

わたしの「薫る畑」にも、2年前に植えたものが雑草化して自生してます・・・
水いっさいやらないのに。ここの気候に合うのでしょうね。
 …
“Hirayachi”, a local pancake, with fennel.
Ponzu (soy sauce and vinegar) goes well with it.
Fennel is a local herb that’s been traditionally used in Yaeyama cuisine.
Fennel grows well here without giving water.
In my garden it started to become a weed.

古見の浦節(くんのーらぶしぃ)と伽羅

きょう南山舎の編集者の方とお話したら、西表の「古見の浦節」(くんのーらぶしぃ)に伽羅が出て来るとお聞きました。調べてみると確かに!

https://www.nhk.or.jp/churauta/database/data/317.html

伽羅の香りが結ばれぬ切ない恋の形見のようです。それはもしかしたら、現代にも通ずる感覚なのかもしれません。