タバコ / Tobacco

(English follows)

タバコの花って、可愛いピンク色なのです。ご存知でしたか?


これが、あの「タバコ」です。
石垣島の主要産業のひとつ。
4月〜6月は、このタバコ畑をあちこちで目にします。農家さんはこの期間、大忙し。
花も葉も嗅いでみましたが、ふつうの青々した草花の香りで、
どこがタバコなんだろう?という印象。
じつは、乾燥させると、香りが出て来るのだそうです。
知り合いに、タバコ工場に勤めてる方がいたので、見学させてもらいました。

工場は、とても芳ばしい香りに満ちています。
チョコレート、バニラ、カラメル、バーボン・・・そんなものを連想させるような。

ここに摘み取った葉が運び込まれ、
1週間ほどボイラーで、70度くらいでじっくり乾燥させるのだそう。

—–
Did you know that the tobacco flowers are pink?
Growing tobacco is Ishigaki’s main industry.

You’d find such tobacco fields everywhere in this island from April to June.

The plant as it is does not have distinctive tobacco fragrance, but 

it actually develops through drying.
One of my friend works for the tobacco factory so I visited there.

It was filled with scents that made me think of,chocolate, vanille, and bourbon.

The leaves are dried here at 70 degrees for 1 week in a boiler.

パワスポ的な宿 / Power-Spot Accomodation

(English follows)

香り立つ島・石垣島に気軽に来ていただけるよう、私目線ですが、オススメの宿やスポットを少しずつご紹介いたしましょう。

まず、自信もってオススメできる島宿。

石垣島の隠れ家的宿、たいらファミリー。

伊原間という、島の北の方にあります。



常に風が吹き抜ける、エアコン不要ののんびりした縁側。

のんびりモードになってしまうと、

ここのお父さん、しょうきちサンの間髪入れないジョークについていくのが大変(笑)

建物も装飾もぜんぶおとうさん&おかあさんの手作り。

海人(ウミンチュ)でもあるおとうさんの料理は最高!


2食つき、5,000円? だったかな? 
食堂として、夕食だけいただくのもOKです。(予約した方が無難)
ウミンチュならではのシュノーケリング・ツアーも、とてもスペシャルだと聞いています。

伊原間の新垣商店を過ぎて少し行った右側に「女性自身にも載っているパワースポット」と派手なグラフィティが塀に描いてありますので、そこで右折します(笑)

実際、行くと元気にハッピーになる、不思議なパワースポットです。

子連れでも、ペット連れでも、カップルでも、楽しく過ごせることでしょう。

たいらファミリーの皆さんは、私の車が壊れたりして心身疲れ果てていたとき、親身になって助けてくださいました。
正真正銘、私の「島のおとうさん」です!

http://www.yaeyama.or.jp/docs/2013052901131/
http://taira-family.jugem.jp/

—–
In order for you to feel visiting the fragrant Ishigaki Isl., I would like here to recommend some of the accommodations and shops.

My first recommended accommodation of Ishigaki Isl. is…

“Taira Family”, in the Ibaruma Area.

Hidden back in the countryside of this island, they are certainly one of the “power spot” in my opinion, 
because you get cheered up and become happy by visit.
In the common area, you always feel welcome in the sea breeze (no need of air-con!)
Shokichi-san, who is the host of this accommodation, speaks little English but would communicates perfectly with you!

He is the real “uminchu (fisherman)”, so his cuisine is really amazing for its price.

You could also use here as a restaurant (very good price for the quality)
For a night, 5,000 yen incl. dinner and breakfast (but for the recent price please check)
He also organizes his own unique snorkeling tour with his own boat.
In many means he is truly a “shimanchu(local inhabitant)”and “uminchu (fisherman)” with good and open heart and mind.
He helped me when I was in trouble…  He’s truly my father in this island!

島らっきょう / Okinawan Rakkyo (Scallion)

(English follows)

島らっきょうと呼ばれる、小ぶりならっきょう。

とりたては臭みや苦味ががなく、爽やかで、甘さがある。

塩もみして、鰹節をかけて、すぐにいただくのが美味。

漬けるとらっきょうらしい、硫黄っぽい臭みが出てくる。

—–
A sort of Scallion called Okinawan Rakkyo (Scallion).

When harvested, it tastes less stinky and bitter, rather fresh and sweet.

The best way to enjoy it is to rub it with salt and mix it with katsuo bonito.

When pickeled it developes sulfer-like flavour.

島人参とバジルのキッシュ / Quiche with Okinawa Carrot and Basil

(English follows)
島人参は、火が通るとジャガイモのようにほくほくして、甘みを増します。
バジルと最強のコンビネーション。
すべてオーガニックの畑の恵みです。
—–
Okinawa Carrot becomes starchy and sweet when heated.  Perfect for quiche, together with basil.
They are all from my organic garden.

島人参 / Okinawa Carrot

(English follows)

畑で収穫した、オーガニックの島人参。

暑さに強い、沖縄特有の人参です。

見た目はふつうの人参より細身で、オレンジではなく黄色。
そして、香りが違います。

人参特有のアルデハイディックな香りが少なく、

火を通すとほっくりした甘味が出るので、
人参嫌いな子ども向きかも。

—–

Local carrots, from my organic vegetable garden.
They are thinner and longer than the normal orange carrots.

They can resist the heat so they’re very common locally in Okinawa Area.

And the flavor is very different.
Much less aldehydic flavor and it gets sweet like potato, so 
this would be a nice alternative for the kids who don’t like carrots!