通信教育で本格的な調香トレーニング・嗅覚トレーニングが受けられます。アロマ、香道、パフューマリーなどの垣根を超えるクリエーションを目指す場です。

私が南仏グラースの調香師学校で学んだことをベースに、作家活動を通して、また実生活から学んだことをたくさん盛り込んだ、オリジナルな教材です。

私たちは絶えず呼吸しています。吸って吐く、その吸う息で、無意識にたくさんの匂いをキャッチしています。嗅覚は、生物として最も本能的な感覚なはずなのに、現代の私たちはどれだけそれを意識しているでしょうか。1日に3度の食事の時間も、嗅覚トレーニングの絶好のチャンスです。このスクールでは、「普段の生活を教材に」をモットーとしており、ミカンやレモンなどの身近な食材を通しても、積極的に香りを勉強しています。見えないものが見えるようになり、いつもの何気ない生活が豊かに感じられるでしょう。

ふつうのパフューマリー・コースと違うのは、月1度の個別コーチングにより、クリエイティブな活動へのサポートがあるところです。まだ具体的に何をしたらよいかわからない方でも、話の中から何かしら引き出し、香りで「自己表現」あるいは「自己実現」できるよう惜しみなくサポートさせていただきます。そのための香料の提供なども別途行っています。

コース修了者(あるいは履修中の方)のご活躍例:

香りのスペシャリストを讃える「香りソムリエ™️ フレグランス・アーティスト」の称号が与えられます。

これまでに10名前後の方がコースを終えられ、現在30名様ほどが在籍しております。(2021.02.08現在)。コロナ期のステイホームの影響か、参加者は増加傾向にあります。

メンバーのご活躍例

・即興芳香アーティストOud(フレグランス・アートコース修了):ノイズ・ミュージシャンとライブをやるなど、活躍されています。詳細はこちら

・お寺の敷地の素材を使ってお香を作り、子供向けの香りワークショップを企画されたAiri Okadaさん(フレグランス・アートコース履修中) 詳細はこちら

・香りと料理のアーティスト、フィリップ・コールマン(インターンコース修了):石垣島のアトリエに1ヶ月滞在し、集大成として「大自然の中のディナー・パフォーマンス」を披露。ぜひこちらをご覧ください。

その他、お香専門の方、お酒専門の方、ミュージシャン、ダンサーの方などが学ばれています。ここで学ばれている方々は、わたしの頼もしい一番弟子、そしてクリエイター仲間として、末長くお付き合いさせていただくつもりです。2019年10月名古屋での嗅覚アート展の設置の際にも、みなさん積極的に来てくださったので、現場の楽しさを共有させていただきました。

授業内容

全20回でコンプリートする通信教育

サンプル香料(0.5ml)を各回5〜10種類お送りします。テキストはPDFにてメールでお送りしてます。ごじぶんでテキストブックを読みながら進めていただき(A4で平均10ページ前後あります!)、毎月のオンライン個別セッション(Facebookコール使用)でわからないところをご質問ください。みなさんの始めたいときにいつでもLESSON 01から教材をお送りするので「マンツーマンのレッスン」です。

調香のための基礎香料を学びながら、アコード(調和)の作り方も習得します。匂いは主観的で、伝えにくいものですので、他人とコミュニケーションするためのランゲージ(言葉)を学びながら行います。

↑特に私が得意とする蒸留などの抽出法についての回 “EXTRA”。キッチンで食べ物から匂いを抽出するには? といった香りの調理法も学べます。

LESSON 08, 09, 10, 18, 19, 20 は調香のレッスン。実際にご自分でオーデコロンやパフュームのレシピを作り、ブレンドする、とても楽しくてドキドキな回となります。

各香料の成分や抽出技術などのサイエンスも並行して学びます。多少、化学が入ります。しかし最もだいじなのは、詩的な感性です。

調香の基礎がわかれば、簡単な香水をスクラッチから作ることはもちろんのこと、合成香料も併用しながらキャンドルやルームフレグランスで空間を演出するなどのクリエイティブな応用ができるようになります。

テキストブックは、南仏グラースのGrasse Institute of Perfumery の短期集中コースで私が学んだ内容をベースに、私独自の視点と経験で、様々な文献を参考にしながら、初心者にもわかりやすいように構成しました。(内容は変更になることもあります)

LESSON 01: 天然香料 RUSTIC/ANIMALIC NOTES
LESSON 02: 天然香料 ANISEED/BALSAMIC NOTES
LESSON 03: 天然香料 WOODY/CITRONELLA NOTES
LESSON 04: 天然香料 SPICY/FLORAL(1) NOTES
LESSON 05: 天然香料 FLORAL(2)/MINTY/ORANGE NOTES
LESSON 06: 天然香料 RESIN/ROSY NOTES
LESSON 07: 天然香料 GREEN/CITRUS/MISCELL NOTES
LESSON 08: 天然香料のアコード EAU DE COLOGNE
LESSON 09: 天然香料のアコード FOUGERE
LESSON 10: 天然香料のアコード CYPRE
LESSON 11: 合成香料 RUSTIC/ALDEHYDIC NOTES
LESSON 12: 合成香料 AMBERY/ANIMALIC/ANISEED NOTES
LESSON 13: 合成香料 BALSAMIC/WOODY NOTES
LESSON 14: 合成香料 SWEET/SPICY/FLORAL(1) NOTES
LESSON 15: 合成香料 FLORAL(2)/FRUITY/CITRUS NOTES
LESSON 16: 合成香料 JASMIN/MINTY/MUSKY/ORANGE NOTES
LESSON 17: 合成香料 ROSY/GREEN/MISCELL NOTES
LESSON 18: 合成香料のアコード
LESSON 19: 合成香料のアコード、模範的香水 のスタディ
LESSON 20: CREATION: オリジナルな香水を作る & EXTRA: 天然香料の抽出

[特典1] 個別コーチングセッション 

Facebookコールセッション(15分/月)、あるいは石垣島を訪問してくださる方は、アトリエにてティータイムをご用意します。(調香体験や蒸留体験は割引料金で可能。)テキストに関する質問は随時メッセージ受け付けております。

毎月のプライベート・コーチングにより、他のサービスにはない応用力をつけることができるはずです。

全20回コース、つまり1年半以上かかるコースです。一見長いようですが、多くの生徒さんが見出す付加価値が、この毎月のセッションにあるようです。現役アーティストによるプライベート・コーチングは確かに、なかなかないのかもしれません。また、毎月の分割払いなので、経済的にも時間的にも仕事や家事と両立しやすいというのも特徴です。何かを作れる力をつけたいのであれば、時間はかかりますので、むしろ短いくらいかもしれません。


[特典2] Facebookの非公開グループにご招待します

ともに学ぶお仲間を作る、あたたかい場となります。主に、私が不定期にコラムを書いたり情報提供しています。作品制作のこと、秘密のノウハウ、嗅覚関係のニュースなど。参考図書などの情報もシェアしているのでぜひご参加ください。ブログでもSNSでも書けない企業秘密的な内容でも、ここで気兼ねなく公開しています。

参加方法:

Paypal の定期購読機能を使っています。以下をクリックして、毎月の引き落とし契約を開始してください。クレジットカード引き落としに設定する方が簡単ですが、ペイパルアカウントを銀行引き落としに紐づけることも可能です。

料金:月額 15,500円(税込) 

↑フレグランスアートコース(月額15,500円 Paypal定期購読契約の締結)を始める(テキストブックはオンライン送信)

↓テキストブック(PDF)をメール送信ではなく印刷したものをご希望の方は、プラス400円になります。
料金:月額 15,900円(税込) 




↑フレグランスアートコース(月額15,900円 Paypal定期購読契約の締結)を始める(テキストブックは郵送)

  • (2019.12.26.追加事項) 以前はコース開始にあたって、簡単な志望動機をメールでいただいてましたが、こちらからの返信メールが受信拒否で届かない方が多数おられるため、変更します。志望動機はコースを開始した後においおいお聞かせください。Paypal定期購読契約を締結していただければ、翌月よりpaypal登録住所に教材をお届けします。ウェルカムメッセージなどの大切なご連絡は基本、メールでお送りしているので、pepeandmaki(アットマーク)gmail.com は受信できるように設定しておいてください。
  • 申し込みは毎月末日締め切り。翌月上旬〜中旬に教材を発送し、日をあけて月末の週末にオンラインセッションをやります。例:10月31日までにご契約いただいた場合、11月分からの教材発送になり11月中旬ごろお受け取り、11月最終週末にオンラインセッション。
  • お申込み後、welcomeメッセージをお送りします。また、FBグループへのご招待もただちにメールにておこないます(そのため月初めにご契約するほどお得です)。
  • 万が一、受信拒否でwelcomeメッセージが届かない場合でも、第一回目教材をお届けします。ご心配なく。その場合は、Facebook でへ友達申請してください。
  • 支払いがうまくいかない方は、ご連絡ください。
  • 終了した方には、「香りソムリエ™️フレグランスアートコース修了証」をお渡しします。
  • 20回を連続して受講した方には、当方からのプレゼントとして、最後の回の授業料は免除となります。
  • 終了後の上級者向けレッスンも準備中です。
  • ご質問のある方はお電話 090-7711-6005 にて直接お問い合わせください。常識的な時間帯であればいつでも通話可能です。メールやSNSメッセージですと、スパムに入ってしまい、見逃してしまう可能性が大きいですので、メールやSNSでのご質問はくれぐれも避けてください

こんな方におすすめ

  • アロマよりもうちょっと深く匂い香りについて学びたい人
  • 香りを効果効能ではない、純粋な楽しみとして接したい人
  • 合成香料も扱えるようになりたい人
  • 香道、アロマなどの枠を超えて、普遍的に香りを楽しみたい人、あるいはクリエイティブなデザインあるいはアート作品を作りたい人(例:空間薫香)
  • 身近な草花を生かしてオリジナルな香りの作品を作りたい人
  • 香りをじぶんの専門領域に生かしたい人
  • オランダの美大で提供されている「嗅覚アート」授業内容に興味がある人
  • ふだんの生活で臭いのことで悩んでいて、何とかしたい人(たとえば家族の匂いが嫌とか、洗濯物が臭いとか)
  • 香りで自己表現、あるいは自己実現したい人
  • 匂いフェチ、あるいは香水が好きな人
  • 石垣島の太陽と風のパワーをもらいたい人
  • 匂い香りに興味ある仲間を作りたい人
  • 遠隔地住まいのため、都市型のオンラインサロンや講座の恩恵をこうむれない人(私自身が遠隔地住まいですので、とくに配慮をいたします)
  • キーワード:
    嗅覚、匂い、香り、体臭、五感、香水、調香、アート、デザイン、クリエーション、料理、味覚、媚薬、フェロモン、精油、化学、合成、天然、抽出、蒸溜、アロマ、アロマセラピー、癒し、健康、呼吸、香水、パフューム、フレグランス、お香、香道、消臭、生活、花、ハーブ

よくあるご質問

ご質問のある方はお電話 090-7711-6005 にてお問い合わせください。常識的な時間帯であればいつでも通話可能です。メールやSNSメッセージですと、スパムに入ってしまい、見逃してしまう可能性が大きいですので、メールやSNSでのご質問はくれぐれも避けてください。尚、コース開始にあたってご挨拶は必要ありません。後々個別セッションにてお話させていただきます。

Q.匿名での参加は可能でしょうか?
A. Facebookの非公開グループ内では、名前は表示されます。もしどうしても匿名で…という方は、サロン用の匿名アカウントを別途個人でご用意ください。

Q.募集時期などありますか?
A.ご自身の興味がわいている時がいちばんベストなトレーニング時期。ですので、いつでも参加可能です。嗅覚の学校会員のみなさんに提供する調香スキルは、20回で完成するスキルです。部分的ではあまり役に立ちません。途中であきらめずに、20回やり遂げることをおすすめします。最終回に自由なクリエイションができるように準備しています。マンツーマンのコースですので、いつのお申し込みでも LESSON 01 からはじめられます。入会金もありませんし、始めてみてからいつでもキャンセルできるコースですので、ご安心ください。殆どの方は最後まで根気よく学ばれます。

Q.事前資料など、勉強しておくべきことはありますか?
A.特にありません。会員の皆様には、本格的に勉強するための参考図書リストを提供しています。

Q.男性でも参加できますか?
A.もちろん可能です。

Q. LESSON 20まで短期間で一気にやりたいのですが…2倍、3倍のスピードで可能ですか。
A. 銀行振込で19回分前納一括で対応できます(4,500円の割引あり。計290,000円 。)ただ、多くの方が毎月の個別セッションに価値を見出してくださってますので、2倍3倍のスピードだと得るものが薄くなるという声もあります。でも時間があり、目的が定まっていて、一括前納が可能な方は、これも良いと思います。倍速の場合は2週間に1度ではなく、1ヶ月に2回分を発送しています。お申し込みはメール pepeandmaki [at] gmail.com にて。数日以内に返信がない場合はお電話ください。

Q. 海外発送は可能ですか。
A. 今のところ、香料は航空危険物扱いとなり、海外に送る手段がありません。

Q. 毎月の銀行振り込みは可能ですか。
A. 私ひとりで運営するスクールなので、Paypalの自動引き落とし機能を使うことで、経理作業の効率化、低価格化を試みています。以下をご検討ください。

Paypal に、銀行口座を紐付けする方法:https://www.paypal.com/jp/webapps/mpp/support/about-ddmandate

Visa のプリペイドカードサービス: https://www.visa.co.jp/pay-with-visa/find-a-card/prepaid-cards.html

Q. 最初の月だけ試しにやってから、その後一括振り込みして倍速でということは可能ですか。
A. 私ひとりで運営するスクールなので、経理作業の効率化、発送業務の効率化、(つまり低価格化)のため、カスタムメイドな対応ができません。入会金も設けていません。あらかじめご了承ください。

Q. コースのサンプルなどありますか?
A. ございません。入会金を設けてませんし、いつでもキャンセルように設定しておりますし、キャンセル料や事務手数料などはいただいてません。(私自身、非常に多忙な作家なので、来るものは拒まず、去るものは追わずのスタンスです。)ですので、まずは第1回目をはじめてみてください。

Q. 海外ベースのパフューマリーということですが、例えば日本のものとどう違うのですか。
A. 欧米のパフューマリーは簡単に言うと、発祥であり、伝統そのものです。日本のものはそれを日本語に翻訳したものといえましょう。例えば、このコースでは香料名を英語で学びます。そのため、世界中のサプライヤーから香料を自ら調達できるようになります。この利点は大きいと生徒さんはおっしゃっています。

Q. 天然香料だけでなく合成香料も学ぶのはなぜですか。
A. 天然香料は簡単に言うとアロマなどで扱うもので、自然の素材を蒸留あるいは溶剤などで抽出したものです。合成香料は、それをさらに特定の成分を抽出したもの、あるいは純粋に化学者がデザインしたものです。現在のマーケットの製品に使われているのは殆ど合成香料です。

Q. さらに内容についての詳しい情報はありますか。
A. ここに掲載しているのが全てです。わたしが履修した、フランスGrasse Institute of Perfumery のサマーコースの内容を元に構成してますので、そちらも参考になります。

Q. アロマとはどう違いますか?
A. ここで扱う天然香料はアロマで扱うものも含まれますが、やや幅が広いかと思います。もっとも異なるのはアプローチです。アロマはヘルスケアを目的として学びますが、パフューマリーでは香りの創造力、そして描写力の向上のために、成分を学びます。天然香料と同じくらい、合成香料に力を入れてます。

主催者

嗅覚のアーティスト

アーティスト名 MAKI UEDA。匂いや香りで作品インスタレーションを作り、ヨーロッパの美術館などで展示する。世界的に流行の兆しを見せる嗅覚アートの、リーディング・アーティストのひとり。現在もオランダの美術大学で定期的に教鞭を取る。約10年間のオランダ在住の後、2014年に石垣島の美しい海辺へ移住、山の麓に香りのアトリエPEPEhttp://www.pepe.okinawaを構え、現在は香りのツーリズムと嗅覚教育に取り組む。2016年、原爆投下後の世界をシミュレーションして匂いを制作した作品「戦争の肉汁〜広島・長崎〜」にて、世界的な嗅覚芸術賞 Art and Olfaction Awards のファイナリストに選ばれる。ブログ「魔女の実験室」主宰http://witch-lab.blogspot.com

味噌汁の香りや土の香り、そして人の体臭までをも抽出し、「香水化」する技術を独自に築く。そのため世界的にも多くの嗅覚アーティストにモチベーションを与えたとして、2017年嗅覚芸術賞セレモニーにて特別に拍手を受ける。BBCやNYタイムズマガジンなどの世界的なメディアにも数多く取り上げられる。

略歴

1997 慶応義塾大学環境情報学部卒業
1999 慶応義塾大学政策メディア研究科卒業
2000 文化庁若手芸術家海外派遣生、オランダ滞在
2001 オランダへ移住
2005   嗅覚アートを始める
2007 ポーラ美術財団海外派遣生、オランダ・ベルギー滞在
2007 グラース調香師学校(ASFO/GIP)サマーコース修了
2008〜  オランダの複数の美術大学にて嗅覚アートの講師
2009 ワールド・テクノロジー賞 ファイナリストカテゴリーアート(NY)
2014 石垣島へ移住
2016 嗅覚芸術賞アート・アンド・オルファクションファイナリスト (LA)
2017 嗅覚芸術賞アート・アンド・オルファクションサミットに招聘される(ベルリン)

2018 嗅覚芸術賞アート・アンド・オルファクションファイナリスト (LA)             2019 嗅覚芸術賞アート・アンド・オルファクションファイナリスト (LA)

嗅覚とアートに関する記述の12年分の蓄積です。

■ブログポータルサイト ジャンクステージ「味噌汁の香水」抜粋記事
最上の癒しは、息子の頭皮の匂い
チョコレートは禁断の媚薬
フェロモンって、あるの?ないの?
クレオパトラの駆使した香り

■ブログ「魔女の実験室」(2005〜)
http://witch-lab.blogspot.com

■note(2015〜)
https://note.com/makiueda

↑石垣島の赤土の香りを蒸溜して抽出中

■アーティストとしての活動(2005〜)
http://www.ueda.nl

■石垣島 香りのアトリエPEPE(2014〜)
http://www.pepe.okinawa

■facebook
個人ページ
香りのアトリエPEPE石垣島

■twitter
個人アカウント @makiueda

■instagram
個人アカウント @makiueda