作品「Viral Parfum」がみごとエキスペリメンタル・アートの賞サダキチ・アワードに輝きました!

日本語では初のご報告になります。アメリカより戻って1週間が経ちますが、まだ夢心地です。

今回は World Perfumery Congress という世界的な香料会社のカンファレンスにて、作品「Viral Parfum」がエキスペリメンタル・アートの賞 サダキチ・アワード という名誉な賞をいただきました。(Art and Olfaction Awards)

この賞の創設当時から応募し続け、記憶の中のあいまいな数字ですが、通算7回開催されており、うち6回応募、5回入賞、といった好成績の中で、いちども大賞を取ったことがなく、毎回悔しい思いをしていました。


入賞者の中には嗅覚アートを主なフィールドにしている作家は案外少なく、たまに匂いを使ったら入賞したというのも多く、コンセプト重視・体験重視の立体空間を作る私のような作家は、アワードとして評価を得るのは難しいということを痛感していました。そもそも毎年審査員が入れ替わり、嗅覚アートの美学も黎明期であるがゆえに未確立です。


そんな中、2回以上入賞する作家は非常に珍しく、そのため万年入賞者であることはある意味すごいことかもしれないと捉え、毎年1つ以上の作品を自信持って応募すること、それを入賞させることを目標に、ここ数年はがんばっていました。これならアートに不利な日本の僻地でもできる、と。そもそも嗅覚アートの新作を日本で作り発表し続けるのって、そもそも不可能に近いのですが。


今年はコロナ後ということで、数年ぶりに開催されるアワードです。そのため応募作品数も数年分にふくらんだそうです。私自身も、自信作を2つ送り出し、その2つどちらも入賞してもおかしくないという作品でした。結果的には、コロナを題材にしたものがやはり共感を得て、勝ちました。


社会的な題材を扱うことは、学生の頃にたくさんやったもので、嗅覚アートを始めてからはしばらく封印してきました。最近になってようやくその技量が追いつき、まともに表現できるようになったと感じています。今後も制作をがんばり、挑戦者の姿勢を変えず応募し続け、このアートシーンの普及に貢献したいと思います。

これまでわたしを信じ、支えてくださった世界中の方々に、心からお礼を申し上げたいと思います。

月桃と共に生きる沖縄の知恵

月桃水は畑の野菜に撒けば、虫がつかんよ

いつのまにか真夏のように暑い石垣島です。夕涼みにその辺を歩いていた向かいのお爺たちとちょっとお話をしました。

おじー: あんたここで何やってんの?

わたし: 香水作ってますよー。

おじー: え? 何するための?

わたし: 何するって、笑 体につけるためですよ〜。

おじー: 月桃か?

わたし: はい、それもやってますよ、蒸留したりして。

おじー: 俺も作ってるよ。

わたし: は?

おじー: 余ったドラム缶によ、ホースつけてよ、火炊いてよ、出てきた水を使うさ。

わたし: それ! まさに蒸留じゃないですか! 何に使うんですか?

おじー: 畑の野菜に撒くさ。こう、シュッシュして、虫除けになるからな。蚊除けにもなるしよ。

わたし: それ、めっちゃ、オーガニックですね!!

おじー: 有機な。虫ついたらもう効かんから、虫つく前に撒くといいよ。

わたし: 知りませんでした。おじー、すごいですねー!

おじー: 暇だからよ〜。

あらゆる意味で、おじーにはかなわん!と思いました。すごいな。自然と共に暮らす知恵ですね。

こないだ訪ねた時いなかったでしょ、どこ行ってたの、と聞いた時も、風がこっちとこっちの間から吹いたら大体海にいるさ、釣りしてるよ、との答え。わからんよー! 

きょうわたしは月桃を蒸留ではなくて、調香に挑みました。ずーっと、いつでもできるしと思っていた、宿題みたいなもの。みんな大好き月桃の香りのアロマディフューザーやフレグランスがあったら、欲しいよね?と思って。乞うご期待。

月桃の蒸留水を作るワークショップについての詳細はこちら