作品 Viral Perfume が アート・アンド・オルファクション・アワード にてファイナリストに選ばれました!

この度、世界的な嗅覚アートのアワード「アート・アンド・オルファクション・アワード」にてファイナリストに選出されました。(「実験的に香りを利用した、サダキチ・アワード・カテゴリー」です。)

コロナウイルスそのものにインスピレーションを受けた作品でしたが、まさにコロナ禍により海外での発表は困難を極め、入国禁止により私自身が現地に行けない状態で心許なくオープニングの日を迎えた、思い出深い作品です。自分の作品をいちばん見たいのは自分自身であるのだなあと感じました。

制作を支えてくれたインターンのまりなちゃん、そしてドイツ側のキュレーター、イングマーはじめ現地スタッフに心から感謝の意を表します。

ファイナリストに選出されるのはもうこれで連続4回目(通算5回目)かな? もうファイナリスト常連さんですね笑! しかし大賞は一度も取っていないという、、、。昨年はコロナ禍により開催されなかった分、今年はこれまでにないほど競争率は高かったはずなので、嬉しさもひとしおです。ここで光を当てていただき、嗅覚アート仲間からも広く「おもしろい!」と称賛される作品となりました。

7月1日にマイアミで開催されるワールド・パフューマリー・コングレス(WPC)にて授賞式があり、石垣島から行くとなると多大なコストがかかるので、迷っています。どなたか先見の明のある法人様で旅費・宿泊費のスポンサーになってもいいよ、という方がいらしたら、ぜひご連絡ください! 現地では受賞者はVIP待遇のため、私のパートナーとしていろんなイベントにご招待できますので、私の顔をかけて、世界の香り業界の方々にご紹介いたします。

作品 Viral Perfume について:https://www.ueda.nl/index.php?option=com_content&view=category&layout=blog&id=323&Itemid=902&lang=en

アート・アンド・オルファクション・アワードのページ:http://www.artandolfactionawards.org/2022awards/

春菊ペアリングの会

春菊の香りをAIに従ってペアリングする「春菊ペアリングの会」を、ワークショップ形式で東京荻窪のアトリエで催しました。

ウェルカムドリンクの春菊の青汁と、ジントニック
年の瀬の忙しなさの中、4名の方にご参加いただきました。
foodpairing.com を参考にさせていただきました。AIが化学的に共通成分の多いものを出してくれるサイトです。

foodpairing.comを参考に、春菊の他に、以下の素材を準備しました。(入手不可能で、似たようなもので代替したものは→で示しています)

  • マンゴー→パイナップル/グワバジャム
  • ジャスミン茶
  • ジン
  • レモングラス
  • ムール貝→牡蠣
  • エメンタール
  • ポップコーン
  • にんじん
  • アボカド
  • オイスターソース
  • オリーブオイル
  • ジンジャー
  • イベリコ→生ハム

このサイトの主催者であるベルナールはベルギーの方なので、ベルギー中心に食材分析をしていらっしゃいます。そのため日本でやるにあたっては、柔軟性と経験、そして香りの知識が必要となるかもしれません。

春菊は八百屋さんで買い占めました(笑)千葉産です。関西で出回る春菊を「キクナ」といい、海外ではこちらの名称が通ってます。関東のものは長くて、葉も柔らかく、生食できます。ちなみに石垣島でよくこの時期に出回るのも、おそらくキクナです。
準備中の春菊リーフ。氷水に10分ほど晒すと、シャキッとするので、生で食べやすくなります。

ウェルカムドリンク: 春菊の青汁

春菊、レモン汁、水をバーミックスで撹拌し、コーヒーフィルターでフィルターする。春菊とレモンは、黄金ペアリングです。

アペタイザー: 生牡蠣のココナッツクリームスープ、春菊+オイスターソースで

[recipe]
生牡蠣を酒でポーチし、汁と身にわけ、取っておく。
玉ねぎをスライスし、オリーブオイルでカラメライズする。にんじんのスライスと、ジンジャースライスを加えて弱火で炒める。
生牡蠣をポーチした汁を加え、沸騰したらバーミキサーで撹拌。ココナッツクリームとポーチした牡蠣を加え、火を止める。
(牡蠣は煮ると硬くなるし、ココナッツも香りが飛ぶので、煮ずに、予熱で置いておく。)
盛り付け時に春菊の葉をちらし、オイスターソースを数滴加える。
春菊ペアリング素材:オリーブオイル、ジンジャー、にんじん、牡蠣、オイスターソース

メインディッシュ: 春菊のジェノベーゼパスタ

[recipe]
春菊、ローストした松の実、にんにく、エメンタール、塩、胡椒、オリーブオイル、レモン汁少々をミキサーにかける。
春菊ペアリング素材:オリーブオイル、エメンタール、レモン汁

デザート: マンゴーinヨーグルト ジンジャーハニーソースで

[recipe]
ドライマンゴーを前日にヨーグルトに浸しておく。生姜スライスを蜂蜜に漬けておく。盛り付け時に生姜味のついた蜂蜜をかけ、春菊を散らす。

アラカルト・ペアリング

  • 春菊
  • アボカド
  • グリーンオリーブ
  • 生ハム
  • グアバジャム
  • ポップコーン
  • エメンタールチーズ
  • オイスターソース

ペアリングドリンク

  • ジントニック
  • レモングラスティー
  • ジャスミン茶

リアクション

  • これほどまでに春菊をじっくり味わったことがなかった。メディテーションのよう。
  • 一口づつ様々な素材と合わせていくと、ほんとうに豊かな香りがあることを知る、フードエデュケーション的なワークショップだった。
  • グリーンオリーブと春菊。牡蠣と春菊。グアバと春菊。完全なマリアージュ! 一体化して別物になっている。
  • それほどいっぱい食べていないのに満足感がすごい。
  • 毎週これをやりたいね。
  • ポップコーンは、香ばしいところと合うのかな? それともナッティなところかな? 謎だけど意外に合う。
  • デザートに春菊は意外。でも、マンゴー、ジンジャーと完全にマッチしている。

ワークショップを終えて

香りって(味もですが)、誰かとシェアすることでようやく認識が成り立つものなんですよね。パートナーがいない今はひとりでちょいちょい酒の肴にペアリングをやっているけど、つまらない。なので、誰かとシェアしたいな、と今年の4月あたりからイメージしてコロナの谷間を待ってました。テーブルや照明も、これをイメージしてこだわり抜いて選んでるんですよね、実は。

シャーレや試験管などのテーブルウェア的な理科学器具は、15年くらい前にオランダで購入。そのときからこういう食を通した香りのワークショップを時折やっていたんですが、実際に使ったのは今回が初めてかな。オランダから石垣へ、石垣から東京へと旅してきたこの子達、ようやく使えてよかった〜。

東京のレストランでも最近はいろんなペアリングが楽しめるようになってきましたが、ここではあえてミニマリスト的にひとつの素材を「主人公」としてその物語を楽しみます。今回は、春菊が表現の「メディウム」になりました。

毎週やりたいね、とみなさんが言ってくれたので、できる範囲で継続したいですね。やっぱり私は料理が大好きですし、ホームパーティも欧州時代を思い出す。まあ、ほぼ趣味ですね(笑)

フードペアリングについての参考書:
https://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/oishiisekai/2021-00602

嗅覚デザインラボ#SALON 無料オンラインイベント開催

今週金曜日の夜に、試験的にオンラインで「嗅覚デザインラボ#SALON」を開催します。この夏にドイツ・ブレーメンで開催された嗅覚アートの展覧会 “Smell It!” の記録映像をたくさん撮ってきたので、そのシェア会です。興味ある方は、どなたでもご参加ください。(今回は無料です!わたくし無料でやることはなかなかありませんのでこの機会にぜひ。)

当時のドイツはコロナ明けというのもあり、観光客で賑わっており、とても新鮮でした。そんな活気ある街の風景も合わせてお楽しみください。

タイムライン: 19:30 – 20:30

プレゼン(このプレゼン部分の映像は、録画し後日有料販売させていただきますので、あらかじめご了承ください。)

20:30- 21:00? 21:30? 話が尽きるまで、サロン(ワイン片手にトークしましょう)

ZOOMでの配信です。リンクを得るには、PEATIXでチケット(無料)をご購入ください。PEATIXからの情報に、ZOOMリンクが記載されています。

https://peatix.com/event/3047111/view?k=44077e4457b30c632ce4a72c964b6332f93bdf7c