[動画講座] 嗅覚アートの教科書VOL. 1: 嗅覚的な美の古今東西~香りがいかにしてアートになりうるか~

¥1,000

嗅覚アートに興味を持った時、あるいは香りで何かの作品を作り始めた時、まず疑問に思うのは「どこからどこまでが嗅覚アートなのか」といった点ではないでしょうか。パフュームは?アロマは? 香りは古来より実用として使われてきたため、それを素材とした場合、どこからをクリエイティビティと呼ぶのかがわからず、最初は戸惑います。作家側も批評側も知っておいて損はない嗅覚アートの歴史を、プラトンの時代からざっくりとお話し、西洋と東洋における香りの美学を比較した上で、日本における嗅覚美学の成り立ちを追います。(オランダの美術大学で行っている授業の一部です。)

収録:2021.01.31. 香りソムリエアカデミー・フレグランスアートコース内セミナーにて

対象:大学生向け、一般向け(アロマでクリエーションする方ならどなたでも)
内容:約 60分の動画(Youtubeへのリンク)、スライド(PDFダウンロードリンク)
価格: 1,000円 (期間限定 開講記念価格!)

カテゴリー:

説明

「嗅覚アートの教科書」は、香りソムリエ™️アカデミーのオンデマンド講義シリーズです。どなたでも視聴いただけます。クレジットカード等決済のみとなります。お支払い後すぐに、ご案内のPDFがダウンロード可能になり、そこにYoutube動画へのリンクやスライドPDFのダウンロードリンクなどさまざまに記載されていますので、かならず保存しておいてください。

ご案内のPDFは、購入後1週間、3回までダウンロードできます。Youtube視聴は購入後1年間、無制限で可能です。

購入手続きがうまくいかなかった方はご連絡ください。